こだから日記

子宝幼稚園の園長のブログです。

たこ、たこ上がれ、天まで届け!!

f:id:kodakara-kindergarten:20210107132414j:plain

f:id:kodakara-kindergarten:20210107150837j:plain

新年明けましておめでとうございます!

 

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

 

例年、神社でおみくじを引かれる方も多いと思いますが、一番良いとされるのが「大吉」。

 

幸先良く、この一年が最高の年が約束された様に思われます。

 

そして、最も悪いとされるのが「大凶」です。

 

新年の明るさが天国から地獄へ落ちた様な気持ちになってしまいます。

 

でも、皆様も聞かれた事があるかもしれませんが、

 

「大凶!?良かったね!今のあなたが大凶ならば、凶、吉、大吉と上がるしかないですね。これから先が楽しみですね!」

 

と。

 

考え様ですが、敢えて新型コロナウイルスは未だ収まらず、変異種が徐々に広まる様にまだまだ不安が拡大しています。

 

おみくじなら「大凶」です。

 

現在、ワクチンの接種が欧米で進み、春以降日本でも実施され、オリンピックも未定ですが、間違いなくこれからは良くなるしかありません。

 

そして、やがてやがて月日が過ぎた時に「あんな事あったね。」と懐かしく思える時がきっと来ると思います。

 

“災い転じて福となす”、“コロナ転じて福”としなければなりません。

 

自園でも今迄気付かなかった行事に関しての新たな発見が幾つもあり、状況の変化に、転んでもただでは起きぬいつもの貪欲さで、新たなスタイルを今年は実践していきたいと思っています。

 

きっと、子ども達も保護者の方々も喜んでくれる事でしょう。

f:id:kodakara-kindergarten:20210106095548j:plain

f:id:kodakara-kindergarten:20210107160740j:plain

子どもの笑顔は、私たちの大きなエネルギー!!

<満3歳児(ひよこ組)>

  • 移動動物園の日に・・・

 お姉ちゃんにヘビが来るかもと聞いていたTくん、

 Tくん「ヘビ来たら、首に巻いてもらう!」

 と意気込んでいましたが、いざ本物のヘビを見たら後ずさりし、表情もひきつりながら恐る恐るですが巻いてもらい、

  (その日のお迎えの時間に・・・)

 Tくん「ヘビ巻いてもらったで!!」

と、お母さんに嬉しい報告をしていました。

 

  • 先生がケガをし、絆創膏をしているのを見て・・・

 Sくん「先生!大丈夫?ケガしたん?」

 それを聞きつけた他の子ども達も集まってきて、

子ども達「大丈夫?痛いの痛いの飛んでいけ!してあげる!」

ひよこ組みんなの優しさに本当に痛みがすぐに飛んでいきました。

 

<年少組>

  • お店屋さんごっこで、買い物に行く前に・・・

 Yくん「Yなぁ、絶対、剣が欲しいねん・・・。」

 Mくん(長)「分かった!お兄ちゃんに任せとき!」

  (そして、買い物終了後・・・)

 Yくん「先生、見て!剣買えたねん!お兄ちゃんが、さっさっさ~ってお店まで連れて行ってくれてすごかった!」

Kちゃん「私もお姉ちゃんが優しくて、お姉ちゃんみたいになりたいと思った!」

優しいお兄ちゃんお姉ちゃんが改めて大きな憧れとなりました。

 

  • 給食の時間に・・・

 給食にオクラが出て、

 Mちゃん「このネバネバしてるの何か嫌やー!」

 Rちゃん「Mちゃん、このネバネバが身体にいいんだよってママが言ってたよ!可愛くなれるみたい!」

 Mちゃん「う~ん、じゃあちょっと頑張ってみる!」

 嫌いなものも頑張って食べて、ますます可愛くなりそうです。

 

  • 移動動物園の日に・・・

 Kくん「ヤギちょっと怖いねん!」

 Sくん「かわいいで、Kくん!一緒に行こう!」

 Kくん「うん、ちょっとだけ・・・。」

 恐る恐るですがヤギさんにさわることができて、

 Sくん「毛めちゃめちゃすごいね!」

 Kくん「Sくん、ありがとう!僕4歳やから何でもできる!」

と、色んな事が少しずつ自信につながっているようです。

 

  • おもちつきで・・・

年長さんがついたおもちをみんなでさわると、

Aちゃん「あったか~い!プニプニでかわいい!」

Rちゃん「ほんとや!やわらか~い!!」

大興奮の子ども達、小さい鏡餅にしてお部屋に飾る事にしました。

次の日、おもちをまたさわってみると。

Aちゃん「うわぁぁぁ!!カチカチになってる!なんで!?先生が焼いた?」

と、思い思いにおもちの感触を楽しんでいました。

 

<年中組>

  • お店屋さんごっこのお買い物が終わり・・・

 Mちゃん「いいお買い物できた~!」

   先生「何買ったの?」

 Mちゃん「弟のトラックと剣と、Mのネックレス!2人で食べる唐揚げも買ったよ!弟喜んでくれると思うわ!」

 と、満足の買い物ができた弟思いのMちゃんでした。

 

  • おもちつきで、年長さんが杵でついているのを見て・・・

 Sくん「年長さんがおもちつきしてるのカッコよかった!」

  先生「Sくんも年長さんになったらできるよ!」

 Sくん「僕もおもちペッタンできるように今からパワー溜めとこ!!」

 年長さんへの期待が高まるおもちつきになりました。

 

<年長組>

  • お店屋さんごっこの買い物を終えて・・・

 お目当ての洋服が買えなかったRちゃん、

 Rちゃん「あー、残念、でも、これもこれも買えたし!」

   先生「そっか、残念だったね~!」

 Rちゃん「うん、年少さんの時やったらきっと泣いてたと思うけど、年長やから大丈夫やわ!」

残念ですが、気持ちを切り替えて、他の品物を探すという事もお店屋さんごっこの醍醐味ですね、たくましいです。

 

  • 竹馬テストで・・・

Tちゃん「うわー!やった!合格できたー!」

仲良しのIちゃんは、あと一息でした。自分も悔しい気持ちがありましたが、Tちゃんに

Iちゃん「Tちゃん、ホントにおめでとう!よかったね!!」

と、伝えていました。その姿を見て、2人の友情に感動しました。

 

 

2020年、令和2年度のネズミ年も残りあとわずかとなりました。

 

今年の一字は『密』の漢字が選ばれましたが、私にとっては、マスクの着用や行動範囲の制限等、忍耐の『忍』の年だった様にも思います。

 

私達の人生の中で、もちろん後世からこの年を見ても、特筆すべき年である事は間違いないと思います。

 

只、いつの時代であっても子どもの笑顔は本当に可愛く、子どもと共に過ごす事が出来る幸せを先生達と共に強く感じます。

 

新たな年が穏やかな年となる事を心から願い、今年のブログを終えたいと思います。

年の瀬、疫病退散を願う!

令和2年も12月を迎え、例年ならばクリスマスや年の瀬の華やかな雰囲気に日本列島が包まれる訳ですが、現在、新型コロナウイルスの感染者数が過去最多を記録し、重症の患者さんも増加の一途を辿っています。

 

今月3日には、大阪府レッドステージとなり、15日迄、不要不急の外出自粛が要請されました。

 

Go ToトラベルやGo Toイートによって少し光が射してきた矢先だけに再び経済・商業活動に大きな大きな影を落とす訳ですが、この苦渋の決断が年末・年始の通常の生活へと近づく事を願わずにはおれません。

 

日々、悪戦苦闘を重ねておられる医療・看護の方々には尊敬と感謝の言葉しかありません。

f:id:kodakara-kindergarten:20201208134213j:plain

f:id:kodakara-kindergarten:20201207104357j:plain

f:id:kodakara-kindergarten:20201209092405j:plain

f:id:kodakara-kindergarten:20201209092810j:plain

この様な状況の中で、幼稚園では、保護者の方々へのご協力、ご配慮の下、子ども達は元気一杯の生活を過ごしてくれています。

 

とは云え、日々のうがい、手洗い、マスク、消毒に換気は必須であり、お誕生会や移動動物園に参観も通常とは形を変えながらも常に子ども達の安全と笑顔を大切に考えています。

f:id:kodakara-kindergarten:20201202105016j:plain

f:id:kodakara-kindergarten:20201202114754j:plain

f:id:kodakara-kindergarten:20201207105053j:plain

f:id:kodakara-kindergarten:20201207104746j:plain

8日に行ったおもちつきでは、年長さんのみおもちを2回ついて丸める様にしましたが、子ども達は大喜びで日本古来の伝承行事を経験できました。

 

年長さん以外は個々に丸める活動はありませんでしたが、おもちつきの様子を見学して、出来立てのおもちの感触を楽しみました。

 

そのおもちで鏡餅を作って、疫病退散と来年の平穏、繁栄を願ってお供えもしました。

f:id:kodakara-kindergarten:20201208111716j:plain

f:id:kodakara-kindergarten:20201208110227j:plain

 f:id:kodakara-kindergarten:20201208110009j:plainf:id:kodakara-kindergarten:20201209100853j:plain

力作揃い!!

子ども達の活動も活発になりますと、食欲も旺盛となり、好き嫌いなあるものの頑張って完食をする子どもも増えつつあります。

 

食欲の秋ですね。

 

今回は、芸術の秋でもありますので、自分の思いを画用紙いっぱいに表現出来る様になってきた子ども達の作品の一部をご紹介します。

 

ひよこ組(満3歳児)

壁面製作です。

糊の使い方も上手になってきました!

かわいいどんぐりときのこの完成です!

f:id:kodakara-kindergarten:20201118102339j:plain

f:id:kodakara-kindergarten:20201118102326j:plain

 

年少

大きな画用紙いっぱいにダイナミックに描けました!

お絵描き大好きな年少さんです!  

f:id:kodakara-kindergarten:20201118102106j:plain

f:id:kodakara-kindergarten:20201118101818j:plain

f:id:kodakara-kindergarten:20201118101629j:plain

f:id:kodakara-kindergarten:20201118101417j:plain

f:id:kodakara-kindergarten:20201118101207j:plain

 

年中

絵本を読んで想像力を膨らませたり、自分の経験した事も細かく描ける様になってきました!

f:id:kodakara-kindergarten:20201118103517j:plain

f:id:kodakara-kindergarten:20201118103236j:plain

f:id:kodakara-kindergarten:20201118102850j:plain

f:id:kodakara-kindergarten:20201118103044j:plain

 

 年長

年長さんはスチレン版画!

自分達で染めたカラフルな和紙に刷りました。

色々な模様が出来て素敵な作品になり、子ども達も仕上がりに大満足です!

f:id:kodakara-kindergarten:20201118104327j:plain

f:id:kodakara-kindergarten:20201118104114j:plain

f:id:kodakara-kindergarten:20201118103927j:plain

f:id:kodakara-kindergarten:20201118103827j:plain

f:id:kodakara-kindergarten:20201118103723j:plain

 

”笑顔“咲く秋

先日、満3歳児の参観と、園庭でミニ運動会を行いました。

 

子ども達はお家の人に見て頂くのが嬉しく、保護者の方もニコニコと見守って下さいました。

 

自分のお子さんだけでなく、「みんな、かわいかったね!」と話されている声を耳にして、温かい気持ちになりました。

 

年少・中さんは公園へ行って、お友達と走り回ったり、どんぐりを沢山拾って大満足。

 

年長さんは、どんぐりや松ぼっくりに虫を探したり、今話題の無限列車(!?)にも乗った様です。

 

そして、30日は、10月のお誕生会とハロウィンの行事を楽しみました。

 

f:id:kodakara-kindergarten:20201027104402j:plain

f:id:kodakara-kindergarten:20201027105724j:plain

f:id:kodakara-kindergarten:20201027104918j:plain

f:id:kodakara-kindergarten:20201029110940j:plain

f:id:kodakara-kindergarten:20201029141435j:plain

f:id:kodakara-kindergarten:20201030124817j:plain

そして、いよいよ11月ですが、日中は20度前後と一年の内一番過ごし易い時期であり、運動会等を含めた今迄に積み重ねた自信が、新たな事に挑戦する前向きな気持ちを生み、絵画面や音楽・体育等の活動に取り組んでいきます。

 

そして、出来ていく事によって、更なる自信と笑顔が広がっていきます。

f:id:kodakara-kindergarten:20201029105749j:plain

f:id:kodakara-kindergarten:20201029110236j:plain

f:id:kodakara-kindergarten:20201029111013j:plain

f:id:kodakara-kindergarten:20201029110630j:plain

 

笑顔といえばもう一つ。祝!子宝です。

 

そして、新しいバスも登場!!

 

f:id:kodakara-kindergarten:20201027155530j:plain

f:id:kodakara-kindergarten:20201104102952j:plain

 

 一体感!! 

f:id:kodakara-kindergarten:20201018153104j:plain

f:id:kodakara-kindergarten:20201018092025j:plain

f:id:kodakara-kindergarten:20201018114619j:plain

f:id:kodakara-kindergarten:20201018140352j:plain

f:id:kodakara-kindergarten:20201018143715j:plain

10月18日(日)に一日の順延となりましたが秋晴れの中、運動会を行いました。例年は小学校をお借りするのですが、やはり今年はコロナの影響で、幼稚園の運動場で各学年に分かれて、更に各ご家庭より2人と人数を制限させて頂いて行いました。

 

さすがに年長さんは落ち着いたもので、子ども同士集まって自然とニコニコの笑顔で、年中さんは昨年経験をしているとは云え、今年度初めての参観、年少さんは更に初めての運動会と云う中で、最初は少し緊張や涙ぐむ子どももいましたが、少しずついつもの笑顔や元気さが出てきました。

 

そして、園歌、体操、そして、ダンスや競技、リレーの全ての演技、各学年共に良き表情で今迄に一番頑張ってくれました。その子ども達のやる気を更に後押ししたのは、やはりお家の方々の声援であったと思います。

f:id:kodakara-kindergarten:20201018092923j:plain

f:id:kodakara-kindergarten:20201018095624j:plain

f:id:kodakara-kindergarten:20201018112911j:plain

f:id:kodakara-kindergarten:20201018122413j:plain

f:id:kodakara-kindergarten:20201018145124j:plain

狭いスペースで行った為、演技によって、保護者の立見の場所が変わり、男女でも入れ替わって頂く様なスタイルを取りました。

 

観覧場所の移動はご面倒であったかもしれませんが、お願いをするとすぐに移動してくださり、とても協力的でありがたかったです。

 

うちの保護者の方のマナーは素晴らしい!

 

自画自賛です!!

 

入れ替わって見て頂く事で例年以上に子どもとの距離が近く、お子さんの姿を間近で写真やビデオのベストショットも撮れたと思います。

 

そして、保護者の方々が本当に熱心にニコニコと見て下さって、“園庭にいる全ての人の気持ちが一つ”になっている様な嬉しく、不思議な感覚がありました。

 

同じ様に、先生の中にも子どもの演技と共に感動したとの言葉も・・・。

 

只、やはり「目に入れても痛くない」と云われるかわいいお孫さんの姿を見て頂けなかったおじい様やおばあ様方には誠に誠に申し訳ない気持ちで一杯です。

 

今年の事を参考にしながら、来年は新たに更に良き形の運動会が出来ればと考えています。

 

27日(火)は満3歳児であるひよこ組さんの参観、運動会です、お楽しみに!

見守られつつ育つ

f:id:kodakara-kindergarten:20200928114318j:plain

f:id:kodakara-kindergarten:20200928172339j:plain

新年度になっても通常と大きく異なり、休園、自粛と様々な行事の延期、中止を経験してきた子ども達。

 

四連休明けから、本格的に運動会の練習が始まりました。

 

ある年長のクラスで、

 

「運動会なんだけど・・・」と先生が切り出すと・・・

 

「幼稚園でするんやろ?」※例年はお隣の小学校で行います。

 

「分かってるよ、コロナやもんしゃーないよ!」

 

「練習楽しみ♡ 頑張ろう!」

 

「頑張ろう!!」

 

いつもいつもお父さんやお母さん、そして先生達をも勇気づけてくれるかわいい笑顔、かわいい声。

 

子宝幼稚園の運動場からお家の人にエールが送られ、きっとそこには感動が待っています!

 

お楽しみに!

 

こんなに意欲的で素敵な言葉を聞けて、微力ながら教育の成果が出たのかな!?と感じると同時に、家庭でのお父さん、お母さん、そして、おじいさん、おばあさんが子ども達を見守る温かい環境があるのだと実感します。

 

f:id:kodakara-kindergarten:20200928145332j:plain

f:id:kodakara-kindergarten:20200924145713j:plain

上の写真は、参観等の行事の様子ではなく、毎日のお迎えの姿です。

 

お母さん達は朝の忙しい中をバス停で温かく見守り、そして、徒歩通園の方は、子ども達がお部屋に行く様子をしばらく門で見守っておられます。

 

また、お帰りの時には、久々の親子の再会(!?)に笑顔と笑顔。

 

本園では、降園時間の後に、毎日約1時間園庭を開放しているので、ゆったりと安全な公園状態の中で、子ども達は伸び伸び遊び、お母さん同士もあちらこちらで交流の花が咲いています。

 

こんな時間を持てるのは、本当に長くはありません。

 

家庭を中心とした温かい時間が親子の絆を深めると共に、心が安定できる環境で過ごす事が優しく、強く、自分で考えて行動する子どもへと育っていくのだと信じています。

 

f:id:kodakara-kindergarten:20200928101413j:plain

f:id:kodakara-kindergarten:20200928141803j:plain

ここで、話題を変えまして、嬉しいお話を一つ。

 

大相撲9月場所に於いて、時津風部屋の正代関が優勝を飾られ、熊本県出身力士としては初の大関昇進が確実視されています。

 

熊本県といえば、地震、豪雨によって大きな被害が出ており、県民の方々にとっても大きな励み、エールとなった事だと思います。

 

また、正代関や豊山関、今年引退された豊ノ島関は昨年の2月に来園され、子ども達と交流があり、今後も更なる御活躍を願っています。

f:id:kodakara-kindergarten:20190227102845j:plain

f:id:kodakara-kindergarten:20190227112030j:plain

f:id:kodakara-kindergarten:20190227110840j:plain

f:id:kodakara-kindergarten:20190227121444j:plain